CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
おてんばルル
おてんばルル (JUGEMレビュー »)
イヴ・サンローラン, 東野 純子
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
パリのおつきさま
パリのおつきさま (JUGEMレビュー »)
シャーロット ゾロトウ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
お日さま お月さま お星さま
お日さま お月さま お星さま (JUGEMレビュー »)
カート・ヴォネガット,アイヴァン・チャマイエフ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< のんびりGW日記  | main | あさごはんと食卓のあれこれ >>
ドストエフスキーと愛に生きる

先日、本当に久しぶりに渋谷のアップリンクへ。
ドストエフスキーと愛に生きる」を観てきました。
 
で・・感想をかこうと思っていたけれど
上手く言葉にならず、ほおっておいたのですが
やっぱり書いておこう。
 
まずいえるのは、、
このチラシのように、ほんわかとした雰囲気ではないということ。
間違えてかわいらしい映画だと思ってしまうかもしれませんね。
むしろ厳しさとともに深く静かな時間が流れる話。
 
84才の翻訳家スヴェトラーナが主人公。
その過去には、戦争とともに起こった悲しい人生があって
誰のせいにするでもなく
それを受け止めながら静かに真摯に生きている。
 
彼女の言葉はひとつひとつが決して軽くなく
意味があって、大切なもののように思えました。
 
今の時間と何十年ぶりかの帰郷で
人生を静かにたどるドキュメンタリー映画なので
山あり谷ありという感じではないのに
思いがけず最後にちょっと涙。
  
帰り道、、
人生は複雑だけれど、どんなことでも
自分の選択に責任をもって生きていきたいし
その生き方が好きだと感じました。
見に行って良かった。 
 
+++
 
そして、映画館がやっぱり好き。
 
アップリンク、雑然とした雰囲気は
学生時代を思いだし、チラシをいっぱい取りました^^
 
ズラズラとならぶ映画のチラシ。
とくに気になる2枚。
ウェス・アンダーソン新作の『グランド・ブタペスト・ホテル』。
 
そしてホドロフスキーの『DUNE』。
砂の惑星をつくれなかった話だって・・面白そうだなぁ。
ぜひ観なくては。
  
ホドロフスキーで思いだすのは、
映画館のアルバイト仲間だった友人。
彼女がすごい好きで、「ホーリーマウンテン」の話をよくしていたっけ。。
私はとても無理で観れないと言っても
どこが好きかを話してくるという・・懐かしいなぁ。
今はどうしているんだろうか? 
 
こうやってなにかの拍子に昔の事をふと思いだすのって
いつも面白いなぁと思います。
 
ちょっと気持ちがタイムスリップしたような
そんな気分になった日だったのでした。
 
yuki
 
| yuki日記 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nikki.flyers-design.com/trackback/872879
トラックバック
SELECTED ENTRIES

◎当サイトの画像およびテキストを他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は必ずご連絡ください。
OTHERS

Tweet